日本学生支援機構奨学金

-A A +A

奨学生の募集は、年1回(春期のみ)行っています。

平成29年度大学院在学採用

 平成29年度在学採用にかかる指導教員推薦所見は、下記をダウンロードして使用ください。

 ○H29年度版 指導教員推薦所見(エクセルファイル)

貸与月額

 【第一種奨学金】(無利息)  
○学部生    3万円,4.5万円(自宅),5.1万円(自宅外)の中から選択 
○博士前期課程    5万円,8.8万円(自宅・自宅外の区分なし)の中から選択 
○博士後期課程    8万円,12.2万円(自宅・自宅外の区分なし)の中から選択  

 【第二種奨学金】(利息付)  
○学部生    3万円,5万円,8万円,10万円,12万円の中から選択 
○博士前期・後期課程    5万円,8万円,10万円,13万円,15万円の中から選択  

 【入学時特別増額貸与奨学金】(利息付)  
○学部生・博士前期・後期課程    10万円,20万円,30万円,40万円,50万円の中から選択(第一学年または編入学年のみ)

 ※ただし、日本政策金融公庫の教育ローンを利用していないことが条件となります。  
  なお、日本政策金融公庫のホームページはこちら:日本政策金融公庫のホームページ

緊急・応急採用

主たる家計支持者の失職・死亡、被災等によって家計が急変し、修学に困難が生じた場合、緊急に応募することができます。このような場合は、速やかに工学部学生係までご相談ください。

人的保証制度と機関保証制度

奨学金の貸与にあたって、連帯保証人や保証人を選任する人的保証制度と、一定の保証料を支払うことにより、奨学金の貸与を受けることができる機関保証制度があります。申込時に人的保証または機関保証のどちらかを選択することになります。なお、人的保証を選択した場合、申込時には連帯保証人のみの選任ですが、返還 誓約書作成時(貸与終了時)には4親等以内で別生計、65歳以下の方を保証人として選任するようになりますので、最初から保証人を立てることができないと思われる方は機関保証制度で申込をしてください。 

以前に日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金を貸与していたみなさんへ

高校・高専・大学在学中に日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金の貸与を受けていた方で在学中の返還猶予を希望する方は、入学後「在学届」を学生係に提出してください。  

適格認定(継続手続き)

貸与期間中は、毎年1回適格認定(継続手続き)をしなければいけません。毎年12月末頃から「継続願」の配布を行っていますので各自で必ず受取ってください。 学校では学業成績等により奨学生としてふさわしいかどうかの認定を行います。(平成18年度からインターネットによる継続手続へと変わりました。)この「継続願」を提出しないと、奨学金が廃止となるので掲示に注意してください。  

異動等届出

奨学生に休学・退学・転学・辞退・死亡等の異動が生じた場合は、ただちに所定の様式によって届け出なければなりません。また,月額変更や改氏名・口座変更・連帯保証人変更・連帯保証人転居などについても届け出なければなりません。異動が予定されているときまたは異動があったときは、速やかに学生係へ届け出てください。  

奨学金の返還

日本学生支援機構の奨学金は貸与であり、貸与終了後には返還の義務があります。この返還金は新たな奨学生へ貸与する奨学金の財源となりますので、定められた期間内に必ず返還しなければなりません。返還は、貸与金額に応じて定められた金額を月賦等により返還することになります。貸与終了時に「返還誓約書」と「返還のてびき」を配付します。「返還誓約書」は各キャンパスで定められた期限内に提出してください。なお、各キャンパスで毎年12月頃に返還説明会を行いますので、掲示を見逃さないように注意してください。

【大学院において第一種奨学金の貸与を受けた者の返還免除について】

平成16年度以降の大学院第一種奨学金採用者からは、在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した者について、奨学金の全部又は一部の返還が免除されることになりました。本学でも、「九州工業大学における日本学生支援機構大学院第一種奨学金の返還免除候補者選考に関する規程」に基づき、候補者を選考の上、日本学生支援機構に推薦します。 詳しく知りたい方は下記が日本学生支援機構のホームページになっていますのでご覧下さい。 日本学生支援機構のホームページ


管理運営:工学部事務部学生係
最終更新日:2017-04-05