世界初!「しんえん2」が地球から230万㎞離れた深宇宙との通信に成功!!

-A A +A

対象者: 

一 般

  深宇宙通信実験機「しんえん2」は、平成26年12月3日(水)、「はやぶさ2」の相乗り小型副衛星として
無事打ち上げに成功しました。世界で初めて、宇宙機に炭素繊維強化熱可塑樹脂(CFRTP)を素材として
使用した小型探査機で、本学大学院 工学研究院 先端機能システム工学研究系 奥山圭一教授が鹿児島
大学と共同で開発しました。

 「しんえん2」は、ロケット分離後、約20時間で月軌道を越えました。今回のメインミッションである、「アマ
チュア無線で使用している周波数帯を利用した深宇宙通信実験」については、平成26年12月9日に、欧州
のアマチュア無線家が230万km遠方から送信された信号を受信したことで、世界初の成果を収めました。
平成27年1月28日現在で地球から約670万㎞(地球と月との距離の約18倍)の地点を飛行中です。

 今後は、平成27年12月に地球に再接近する予定で、再び深宇宙から送信された信号受信を試みます。

【関連ページ】
「はやぶさ2」に相乗りする小型副ペイロードとして、本学の提案が合格しました(2013.09.20)
深宇宙通信実験機「しんえん2」を報道機関に公開しました(2014.09.03)