第30回Kyutech物性グループセミナーを開催しました

-A A +A

対象者: 

一 般

  平成29年3月13日(月)、 戸畑キャンパスにて、 本学物性グループ主催「第30回Kyutech物性グループ
セミナー」を開催しました。
 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授で、JSTさきがけ「理論・実験・計算科学とデータ科学が
連携・融合した先進的マテリアルズインフォマティクスのための基盤技術の構築」研究総括の常行 真司先生
をお招きし、近年急速に成長をみせる新学術分野「マテリアルズインフォマティクス」の最前線の話題につい
て講演していただきました。戸畑キャンパスのみならず、飯塚・若松キャンパスからも教員・学生・学外研究
者入れて、総勢 50名程度の参加者が集まりました。
 本学では現在、戦略的研究ユニット化促進プロジェクト「高温超伝導体のさらなる転移温度向上を目指した
物質設計」[代表: 美藤正樹 (基礎科学研究系)] および、大学改革プロジェクト「次世代物質・材料開発手法の
戦略的研究」 [代表: 松本要 (物質工学研究系)] を展開しており、本学の物質科学研究、とりわけ「マテリアル
ズインフォマティクス」の推進に力を注いでいます。こうした機運もあって講演では活発な議論があり、 常行先生
との交流も含めて、今後の展開につながるとても有益なものとなりました。