8月7日(月)の授業の取り扱いについて

-A A +A

対象者: 

在学生

 
工学部学生
大学院工学府学生 各位
 
                                 工 学 部 長
                               大学院工学府長 
   
    8月7日(月)の試験および授業について

8月7日(月)の授業の取り扱いについては以下のとおりです。

8月7日(月)に休講を措置する場合には、前日の8月6日に本サイト(「工学部/大学院工学府」ホームページ)でお知らせします。
なお、休講になった場合は、7日(月)の講義・試験を9日(水)・10日(木)及び再授業期間に振り替えますので、本サイト、LiveCampusの通知及び掲示板に留意してください。

===================================

【非常変災時における授業等の取扱に関する申合せ】(改正平成22年3月31日 教育委員会決定)
この申合せは、福岡県下に暴風警報、大雨警報、洪水警報等が発令された場合及び地震災害等が発生した場合に、学生の事故の発生を防止することを目的として、授業(試験を含む)の取扱に関し必要な事項を定める。

1.暴風警報、大雨警報、洪水警報
(1)台風接近に伴い福岡県下に警報等が発令され、JR九州、西鉄バスなどの各種公共交通機関が運休した場合は、次のとおり措置する。
運休解除時刻               授業の取扱い
午前6時以前に解除された場合・・・・・・・全日授業実施
午前9時以前に解除された場合・・・・・・・午前休講・午後授業実施
午前9時を経過しても解除されない場合・・・全日授業休講
※交通機関等の解除に関する確認はラジオ、テレビ等の報道による。

(2)その他台風等の災害により通学が困難と認められる場合の休講措置については、各学部の学部長及び生命体工学研究科長の判断で行う。

===================================

問い合わせ先: 工学部教務係(TEL:093-884-3088)・工学部大学院係(TEL:093-884-3057)