論理的思考を育むプログラミング授業「ロボカーとドローンをプログラミングで動かそう」を実施しました

-A A +A

対象者: 

一 般

  平成29年11月14日(火)・15日(水)・17日(金)・20日(月)・21日(火)、九州工業大学戸畑キャンパスにて、論
理的思考を育むプログラミング授業「ロボカーとドローンをプログラミングで動かそう」を実施しました。

 2020年に導入が予定されているプログラミング授業のさきがけとして、北九州市立あやめが丘小学校から
の委託を受け、6年生56名(2クラス合同)を対象に、本学の大学生によるプログラミングの授業を実施しました。
本学は、平成28年度・29年度総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業の採択をうけてお
り、今回、論理的思考を育むことにフォーカスし、プログラミングの概念に算数や国語のエッセンスを入れた授業
内容で、ブロックで作ったロボカーやドローンを操作するために2人一組でプログラミングに取り組みました。

 ロボカー最終日は、迷路のゴールを目指す、タイムアタック形式のコンテストを行い、ドローン最終日は、体育
館に設置したステージで飛行させ、課題をクリアするコンテストを行いました。優勝・準優勝・3位チームが表彰さ
れました。

※授業の模様はRKBとNHKのニュースで放映され、11月18日付西日本新聞にも紹介されました。
11月29日朝日新聞にも紹介される予定です。