世界的に注目されている「ヘリウム凝縮装置」の開発者が本学に来学しました

-A A +A

対象者: 

一 般

  平成30年2月24日(土)、戦略的研究ユニット化促進プロジェクト“高温超伝導体のさらなる転移温度向上を
目指した物質設計ユニット”で共通設備として運用中のヘリウム液化機・ATLの開発者であるスペイン・ザラゴ
ザ大学のConrado Rillo教授他3名の研究者が来学し、設備の見学とセミナーが開催されました。

 当該装置は本学が日本での第一号機であり、またその良好な運用状況は世界中でも例を見ないという実
績が評価されたものです。