平成29年度外国人留学生実地見学旅行を実施しました

-A A +A

対象者: 

一 般

  平成30年3月2日(金)、本学3キャンパス(戸畑・飯塚・若松)から14か国41名の留学生が参加して、実地見学
旅行を実施しました。今年度は、地元をよく知ってもらおうと、北九州市内の博物館や工場を見学しました。

 最初に訪れたいのちのたび博物館では、職員が準備した北九州地域に関連するクイズに挑戦し、答えを探し
て館内を歩き回りました。思いの外広い館内に多くの留学生がギブアップする中、10名ほどの留学生が限られ
た時間ですべての答えを見つけ、うち1名は全問正解でした。

 次に安川電機を訪れ、ロボット村のみらい館や工場の見学をしました。まずみらい館では、ゲームでロボットと
対戦したり、最新のテクノロジーを生かしたロボットの動きを見せてもらいました。第1工場、第2工場では、ロボット
がロボットを作る工程を見学し、ガイドの説明に対して熱心に質問する姿も見られました。

 最後に北九州環境ミュージアムを訪れ、公害を克服し、環境都市へと変遷を遂げた様子や1960年代の暮らし
の様子が分かるジオラマを興味深く見学していました。

 留学生にとっては、自身が生活する地域の太古から現代へとつながる歴史や文化、そして最新技術まで学ぶ
ことができたよい機会となりました。