IoTシステム研究シンポジウム (兼 第138回九州工業大学技術交流会 三木会)を開催しました

-A A +A

対象者: 

一 般

九州工業大学では、2017年10月に「IoTシステム基盤研究センター」を設立し、今後、パナソニック株式会社、山九株式会社と共同研究を進めていくこととしています。

 センターの活動の一環として、企業の皆様や研究者様におけるIoTシステムの利活用の促進に寄与すべく、当研究センターの研究活動を広くご紹介するとともに、IoTシステムが製造現場でもたらすイノベーションの機会、企業でのIoTシステムの活用事例等をご紹介するシンポジウムを平成30年5月18日 百周年中村記念館(戸畑キャンパス)にて開催しました。

 参加者の方からは、「現在のIoTの全体像がとてもよくわかった」「企業・組織などの枠組み関係なくモノ作りを行う共創が重要であり、それなしでは日本は、勝ち残ることができないということが衝撃的であった」と好評の感想が寄せられました。

◆次回の三木会は、平成30年7月26日(木)を予定しています。