ロボット産業マッチングフェア2018に出展しました

-A A +A

対象者: 

一 般

 平成30年6月13日(水)~15日(金)に、西日本総合展示場で開催された「ロボット産業マッチングフェア2018」に、本学の西田研究室(大学院工学研究院 機械知能工学研究系)、脇迫研究室(大学院工学研究院 先端機能システム工学研究系)、柴田研究室(大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻)の3研究室が出展しました。

  西田研究室は、不整地を走行して三次元地図を生成するロボットを展示し、多くの来場者に走破性能を体験していただきました。

  脇迫研究室は、企業との共同研究テーマのペットボトルキャップのリサイクル、パワーアシスト機能付き配膳車、加工機用機上計測装置を展示しました。興味ある企業から具体的な話があり、後日、デモを行うことになっています。なお、ペットボトルキャップのリサイクルは5月の東京ビックサイトでの展示会(環境展)でも展示しています。

  柴田研究室は着衣介助ロボット「HAFY」2台を展示し、多くの方に「HAFY」による着衣介助のデモを体験いただき、その様子が各種新聞やニュース番組でも取り上げられました。

 各研究室、今回の出展で得られた経験を、今後の研究活動に活かしてまいります。

  本学展示ブースにご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

◇西田研究室の詳しい情報は:こちら

◇脇迫研究室の詳しい情報は:こちら

◇柴田研究室の詳しい情報は:こちら