科学技術振興機構「さくらサイエンスプラン」により,マレーシアプトラ大学,国立台湾科技大学,タンマサート大学の学生を受入しました

-A A +A

対象者: 

一 般

本学では科学技術振興機構公募事業『さくらサイエンスプラン』に採択され、「医療材料開発研究における持続可能なネットワーク構築と次世代女性リーダーの育成」というテーマで平成30年7月1日(日)から7月10日(土)の10日間、マレーシアプトラ大学(マレーシア)から3名,国立台湾科技大学(台湾)から4名,タンマサート大学(タイ)から4名,および各大学から教員1名ずつの計14名を受入れました。

 招聘中は、本学工学部応用化学科や生命体工学研究科での研究室見学,講義,実習実験を行いました。特に3Dプリンターを用いた材料の作製を通して,今後の応用をグループディスカッションで話し合いました。大変悪天候の中,様々な方からの協力を得て,浴衣や生け花も体験し,日本の文化体験を通した学外の人との交流も深められました。