重要なお知らせ

工学研究院長メッセ-ジ

工学研究院長

横野 照尚 

【学生のみなさんへ】

 大学は、学生のみなさんの安全を最優先に考え、コロナウイルス感染症の状況を随時確認しその対応を行っています。また、工学部では、昨年度の経験もふまえ変異株を含めたコロナ感染拡大抑制に向けた対策に万全を期し、安心安全な講義環境および就学環境を提供するように努めてきました。感染症の拡大を阻止するためには、人の往来(接触)を抑えればよいことは自明なことです。一方で過度の制限は辛く、様々な悪影響も与えるため、その状況に見合った適切な制限が求められます。そこで、1Qの授業については、講義形式の授業は原則遠隔としています。一方,実技の習得が求められる実験系の科目については、対面授業の実施を認めています。また,定期試験に関しても、現状では公正さと感染状況を鑑み、日を限って対面実施を認めるようにしています。  コロナウイルス変異株は、従来型に比べ感染力が強く、罹患者が若年層に広がっています。その原因は、摂食時の感染抑制への意識の低さが大きな要因となっているようです。キャンパス内に限らず、食事を摂る際における黙食の励行など、感染抑制に向けた注意を今一度お願いいたします。 更に,工学部のウェブサイトなどで随時工学部からの最新情報を確認し、変異株の拡大状況など確実な情報の把握に努め、3密を避け、社会的距離を確保する慎重な行動を心がけてください。また、みなさんの心身の健康に十分留意しながら、安心安全な大学生活が送れるよう、気を引き締めて大学生活を送ってください。  最後に,新型コロナウイルス感染症の対応は、ゼロリスクとの戦いでもあります。どのような対応がもっともよいか、大学としても最大限の予測をして対応を行っているところです。学生のみなさんにおかれましても、情報を正しく得て、正しく判断し、行動するようにしてください。

 

【教職員のみなさんへ】

 教員のみなさんには、研究活動を続けることはもちろん重要ですが、感染力が強いと言われるコロナウイルス変異株の拡大が急速に進行している状況下においては、何よりも学生支援を念頭に、最大限のコロナウイルス感染拡大の抑制のための配慮をお願いいたします。そのためには、ゼミのミーティングなどのオンライン実施や学生との情報共有システム構築を行いつつ、行動履歴および体調管理情報の収集や、社会要請に応える新型コロナウイルス対策に努めることを最優先に活動してください。  職員のみなさんには、3回目となる福岡県での緊急事態宣言下にある状況において必要な業務(コロナウイルス対応業務・最優先の業務)を確実に行ってくださるようお願いいたします。  それぞれの立場で、世界規模での困難に対し安全確保に留意しつつ、大学そして社会の一員としての積極的な行動をお願いいたします。