黒木 秀一 教授

所属:
機械知能工学科
研究内容:
ニューラルネット,ロボット,画像・音声処理,非線形系制御,時系列予測など
メッセージ:
新しいことにチャレンジしよう
関連リンク:
ホームページ
黒木研究室
業績
研究概要:
人工ニューラルネットは脳の神経回路や動作原理を工学へ応用するためのモデルです.
私の研究室では人工ニューラルネットの一つとして競合連想ネットCAN2(Competitive Associative Net 2)を開発し,様々な基礎研究と応用研究を行っています。
CAN2は,他の複雑な人工ニューラルネットと異なり,非線形関数の区分的線形近似を行うという単純な機構を採用することにより,解析の容易さや処理速度の高速化を実現しています.これを膨大なデータを扱う降水量推定,画像認識,音声認識などに応用する一方,カメラ,レーザ距離計などのセンサー技術を複合的に組合わせて,ロボットの制御や各種の非線形制御問題に応用しています。