鶴田 隆治 教授

所属:
機械知能工学科
研究内容:
気・液・固の三相間のナノスケール相変化現象の研究◯マイクロ波を用いた高品位・高効率乾燥技術の開発◯マイクロ波デハイドロフリージングの研究◯食品とバイオマテリアルの凍結保存の研究◯燃料電池における熱・物質伝達の研究
メッセージ:
社会の発展のためには、夢を実現する機械技術が必要です。特に熱工学では、自然現象が発するメッセージを捉えて理解し、技術に応用する力を身につけることが望まれます。自然の声を聞いて新しい機械を作りましょう。
関連リンク:
研究室
日本機械学会熱工学部門
日本伝熱学会
日本冷凍空調学会