TOPICS一覧

KIGS調査研究「北九州における近現代建築の地域資源としての意味と評価」報告会(9/14)

2019年08月29日

近代産業発祥の地として繁栄した北九州には、貴重な近現代建築が多数存在します。
北九州イノベーションギャラリー(KIGS)で50回目となる調査研究は、地元に精通する6名の知識人からアドバイスをいただきなががら、本学の佐久間教授(大学院工学研究院 建設社会工学研究系)によりまとめられました。

この度、市民公開セミナーとして、報告会を開催し、本学戸畑キャンパス、鳳龍会館や記念講堂、表門守衛所、明専の森についてもご紹介する予定です。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

 ■ 日 時: 2019年9月14日(土)13:00~15:00

 ■ 会 場: 北九州イノベーションギャラリー(KIGS)プレゼンテーションスタジオ

 ■ 講 演: 『北九州における近現代建築の地域資源としての意味と評価』
       ー都市変遷のストーリーと近現代建築との関係性ー
       佐久間治 教授(大学院工学研究院 建設社会工学研究系)

 ■ 申し込み:要事前申し込み ※先着100名様無料ご招待

 ◇お申込み、詳細はこちら。(外部リンク:KIGS HP)
 ◇ ちらしは、こちら。(PDF)

<お問い合せ先>
  九州工業大学 佐久間 教授
  TEL:093-884-3112
  E-Mail:sakuma*civil.kyutech.ac.jp (*を@に変えて送信ください)