工学部 機械知能工学科

-A A +A

機械工学コース

コースの特徴

近年の科学技術の大きな進展によって自然現象の新たな解明が進み、自然との共生を考えた人間社会への応用技術の開発が求められています。機械工学コースでは、「ものづくり」の基礎として力学体系を中心とする機械工学全般を学び、機械技術者として工業技術の先端化の中心的役割を担えるようにすることを目的とした教育を行います。

主な授業科目

解析学
変数関数の微分積分学を理解します。技術的な計算面を重視し、適宜、演習を行いその向上を目指します。
機械構造の力学入門
機械構造物が静的外力を受け、構造物各部にどのように力が伝わり、力が働くかを知る方法(静力学)を学習します。
3次元CAD入門
自動車産業で多く使われている3次元CADによるモデリングを体験的に学習します。
流れ学基礎
水や空気の流れに代表される様々な流れを統一的に理解するための基礎を学習します。
機械材料学
各種材料の特性、特性制御、材料設計技術の基礎を理解するための基本事項を学習します。
材料力学
材料を安全にしかも経済的に正しく使用する方法を学習します。
材料強度
材料強度を考慮した設計に必要な材料強度学の基礎を学習します。

研究室

弾性力学研究室
材料を正しく使用するため、新しい機械要素の応力解析や応力集中などを対象として研究
塑性工学研究室
繰返し負荷加工における鍛造性評価、絞り加工における工<程設計の最適化
生産加工研究室
多軸制御ボールエンドミル加工の高精度化、くり抜き放電加工用CAMシステムの開発
精密システム研究室
新しい計測技術と計測誤差補正技術の開発、超精密位置決め機構の開発、光応用技術の研究
伝熱研究室
次世代燃料電池技術開発、省エネルギー乾燥技術開発およびナノ・マイクロ熱現象
混相流研究室
機械シミュレーションを中心とした混相流の研究
反応流体力学研究室
宇宙往還機やロケットでみられる、低速から極超音速までの反応性流体の研究
材料力学研究室
高強度材料の超高サイクル疲労強度特性など各種材料の破壊機構の解明・強度評価法の構築
熱デバイス研究室
高効率エネルギー変換、マイクロデバイス

取得可能な資格

高等学校教諭一種免許状(工業)
教育職員免許法に定める所定の単位を修得すれば申請できます。
技術士
第一次試験が免除されます。

卒業後の進路

卒業生の半数以上が大学院に進学しています。他の全員が希望する職種や企業に就職しており、全国の工場・研究所で技術者・研究者として活躍しています。

▼主な就職先(大学院生の就職先も含みます)

鉄鋼●新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所 など
造船●川崎造船、三井造船、今治造船、大島造船所 など
自動車●トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車工業、マツダ、いすゞ自動車、スズキ、トヨタ自動車九州、ボッシュ、ジャトコ、ダイハツ工業、アイシン精機、ヤマハ発動機 など
重工●三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、IHI など
電気●日立製作所、パナソニック、三菱電機、住友電気工業、富士電機グループ、コニカグループ、東芝キヤリア、パナソニックコミュニケーションズ など
情報・通信●セイコーエプソン、凸版印刷、大日本印刷、富士ゼロックス など
化学●旭化成、住友化学、東海ゴム工業、三菱化学、三井化学、東レ、山九 など
その他●九州電力、キヤノン、TOTO、ブリヂストン、デンソー、日立建機、コマツ、ヤンマー、クボタ、オリンパス、NTN、日本精工、安川電機、三浦工業、ヤマザキマザック、日本貨物鉄道、ダイキン工業、日本タングステン、トクヤマ、日鉄鉱業、日本鋳鍛鋼 など

宇宙工学コース

コースの特徴

次世代に向けて期待される新技術の開発、地球環境やエネルギー問題の解決のために宇宙空間や特殊環境に対応できる数々の要素技術と新規応用技術が必要となります。本コースでは宇宙開発に貢献すべき課題を最も多く残している機械工学の側面から、教育と研究を行い、先端工学への牽引的役割を目指します。

主な授業科目

解析学
変数関数の微分積分学を理解します。技術的な計算面を重視し、適宜、演習を行いその向上を目指します。
線形数学Ⅰ
行列と行列式の計算法を学習し、それらと連立1次方程式の解法を通して、線形代数の基本的事柄を理解します。
機械構造の力学入門
機械構造物が静的外力を受け、構造物各部にどのように力が伝わり、力が働くかを知る方法(静力学)を学習します。
流れ学基礎
水や空気の流れに代表される様々な流れを統一的に理解するための基礎を学習します。
機械材料学
各種材料の特性、特性制御、材料設計技術の基礎を理解するための基本事項を学習します。
設計製図Ⅲ
小型ロケットを設計製作し、打ち上げ実験と性能評価を通じて、基本的な設計、解析能力を養います。
材料力学
材料を安全にしかも経済的に正しく使用する方法を学習します。
ロケット工学
宇宙推進用ロケットエンジンに関する基本原理と実際について学びます。
宇宙工学概論
人工衛星、ロケット、有人宇宙ステーション等の宇宙システムの実例をとって、技術の現状、開発手法、システム設計、システム工学、さらに技術的トピックスとして、構造動力学、宇宙ロボット技術といった内容について学習します。

研究室

燃焼研究室
バーナーから自動車、航空機、ロケットエンジン等、地上から宇宙に至るまでの様々な燃焼に関する問題研究
トライボロジ研究室
転がり・滑り接触面の潤滑、表面損傷および評価に関する研究
スペース・ダイナミクス研究室
羽ばたき翼による飛行システムの開発、無人飛行機(UAV)に関する研究、パラフォイルを用いた自律飛行システムの開発
計算力学研究室
宇宙でのごみ問題に関する研究
宇宙システム研究室
将来の再使用型宇宙輸送システムや大気を有する惑星の飛行探査システムの研究

取得可能な資格

高等学校教諭一種免許状(工業)
教育職員免許法に定める所定の単位を修得すれば申請できます。
技術士
第一次試験が免除されます。

卒業後の進路

卒業生の半数以上が大学院に進学しています。他の全員が希望する職種や企業に就職しており、全国の工場・研究所で技術者・研究者として活躍しています。

▼主な就職先(大学院生の就職先も含みます)

鉄鋼●新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所 など
造船●川崎造船、三井造船、今治造船、大島造船所 など
自動車●トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車工業、マツダ、いすゞ自動車、スズキ、トヨタ自動車九州、ボッシュ、ジャトコ、ダイハツ工業、アイシン精機、ヤマハ発動機 など
重工●三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、IHI など
電気●日立製作所、パナソニック、三菱電機、住友電気工業、富士電機グループ、コニカグループ、東芝キヤリア、パナソニックコミュニケーションズ など
情報・通信●セイコーエプソン、凸版印刷、大日本印刷、富士ゼロックス など
化学●旭化成、住友化学、東海ゴム工業、三菱化学、三井化学、東レ、山九 など
その他●九州電力、キヤノン、TOTO、ブリヂストン、デンソー、日立建機、コマツ、ヤンマー、クボタ、オリンパス、NTN、日本精工、安川電機、三浦工業、ヤマザキマザック、日本貨物鉄道、ダイキン工業、日本タングステン、トクヤマ、日鉄鉱業、日本鋳鍛鋼 など

知能制御工学コース

コースの特徴

ロボット・自動車・工場設備など複雑なシステムを人間の望むとおりに動かす方法を追求する学問、それが制御工学です。制御的な物の見方を養うためには、幅広い基礎知識が必要ですので、機械・電気システムの基礎、コンピュータの制御系への応用なども学びます。50年におよぶ実績をもとに、世界の第一線で活躍するコントロールエンジニアを養成します。

主な授業科目

制御数学
制御工学を学んでいく上で必要となるラプラス変換と行列を、適用例を交えながら理解・修得します。
制御系解析
機械・電気システムなどの動的システムの特性表現とその応答解析を通して、制御系の基本的解析法をマスターします。
制御系構成論Ⅰ
古典制御理論と現代制御理論の基本概念と目的を理解し、望ましい制御系を設計するための理念と手法を学びます。
知能制御
ニューラルネットワーク、ファジィ、遺伝的アルゴリズムなどを用いた知的制御法の基礎を学びます。
振動工学
機械システムにおいて振動は非常にポピュラーな現象であり、この振動現象の理解と振動抑制制御法の考え方を学びます。
電機基礎理論Ⅰ
電気回路理論を制御工学の立場から理解し、マスターするとともに、基本的な問題を解く能力を育成します。
メカトロニクスⅠ
メカトロ装置の基礎を理解するとともに、そのコントローラを設計するための基礎能力を身につけます。

研究室

坂本研究室
リニア同期モータの解析と制御ならびに応用の研究、ウェブ張力制御に関する研究、吸引形磁気浮上制御装置の応用に関する研究
黒木研究室
ニューラルネットの理論と応用、ロボット・画像・音声・制御・予測等の応用研究
大屋研究室
制御理論の開発、安全な自動車の開発、生活環境支援ロボットの開発
金研究室
医用画像計測・処理に関する研究、動画像からの人物の追跡に関する研究
相良研究室
宇宙空間や海洋などで活躍するマニピュレータを持つロボットの制御法の開発
タン研究室
イメージセンシングに関する5つのテーマ:マイビジョン、ロボットビジョン、カービジョン、人の行動認識、モーションキャプチャ これらの研究・開発
西田研究室
確率システム制御理論に関する研究、高知能産業ロボットの開発

取得可能な資格

高等学校教諭一種免許状(工業)
教育職員免許法に定める所定の単位を修得すれば申請できます。
技術士
第一次試験が免除されます。

卒業後の進路

製造関連分野の技術者として一流企業で活躍することになります。卒業生の半数以上が次の大学などの大学院に進学しています。

▼主な就職先(大学院生の就職先も含む)

機械・重工●三菱重工業、IHI、川崎重工業 など
自動車産業●トヨタ自動車、本田技研工業、三菱自動車工業、いすゞ自動車、日産自動車、マツダ、デンソー、アイシン精機 など
電気・電子●日立製作所、東芝、三菱電機、ソニー、パナソニック、日本電気、安川電機、キヤノン など
鉄鋼・金属●新日鐵住金、JFEスチール、日立金属 など
繊維・化学●旭化成、東レ、三菱化学、出光興産 など
計算機関連●日本IBM、富士通、セイコーエプソンなど
電力・ガス●九州電力、中国電力 など

▼大学院

九州工業大学、東京工業大学、東北大学、京都大学、大阪大学、九州大学、北陸先端大学院大学など