陳 沛山 教授

所属:
建設社会工学科
研究内容:
1.大空間や超高層構造の諸課題
2.最新構造システムの開発
3.構造形態解析&非線形解析理論
4.「構造Structure」と「芸術Art」の融合として「S-Art設計理念」を提唱
メッセージ:
建築構造研究室は、最新構造システムの開発、コンピューターを利用した計算理論の研究、古建築構造の謎の解明など、面白い課題に取り組んでいます。みなさんも近未来の建築構造の研究開発に挑戦してみませんか。
関連リンク:
九州工業大学 建築構造研究室はこちらへ