松平 和之 教授

所属:
電気電子工学科
研究内容:
三角格子、パイロクロア格子、フラストレーション、遷移金属酸化物、単結晶育成、充填スクッテルダイト、ラットリング、金属絶縁体転移、カゴ状物質、重い電子系、近藤効果
メッセージ:
物質中の電子に起因した磁性および伝導現象を調べ、新しい機能を示す物質の探究を行っています。新機能性材料を社会に役立てたい!世界初の全く新しい現象を発見したい!という方にはオススメです。
関連リンク:
特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」
特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態」