TOPICS一覧

本学学生が『2022年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会の令和4年度優秀論文発表賞B賞』を受賞しました

2023年01月4日

2022年10月17~21日、(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会において、本学大学院工学府学生が令和4年度 優秀論文発表賞B賞 を受賞しました。

荻原さんは、電力システムで使用されているガス絶縁開閉装置(GIS)の部分放電(PD)診断技術に関する基礎研究で、これまで明確でなかった三相型GISの高圧導体配置による異物位置電界を明らかにし、機器毎の注意箇所を定量的に明らかにしたものです。

また、新竹さんは地球温暖化防止の観点から環境に優しい新しいガス絶縁媒体(SF6代替混合ガス)が適用される際の診断技術に関する基礎研究で、SF6代替混合ガスの混合割合やガス圧力による特性を明らかにし、現行診断技術の適用可否を検討したものです。本研究は電力会社と電力機器メーカとの共同研究の成果の一部です。

◎電気学会九州支部 公開HPはこちら

受賞者 荻原 達哉(大学院工学府 工学専攻 電気エネルギー工学コース 博士前期課程2年)
発表題目 三相型GISの異物位置電界特性に高電圧導体配置が及ぼす影響に関するPD診断の観点からの基礎検討(論文番号:01-2P-05)
受賞者 新竹 将治(大学院工学府 工学専攻 電気エネルギー工学コース 博士前期課程1年)
発表題目 電気的負性ガスを含むSF6代替混合ガスのPD放射電磁波検出特性に及ぼすガス圧力の影響に関する基礎検討(論文番号:02-2A-11)
指導教員 大塚 信也 教授(大学院工学研究院 電気電子工学研究系)

受賞学生と表彰メダル