長期履修制度

長期履修制度(社会人特別選抜による入学者のみ対象)

長期履修制度とは、学生が職業を有している等の事情により、標準修業年限(博士前期課程2年、博士後期課程3年)を超えて一定期間にわたり、計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する旨を申し出たとき、その計画的な履修を認めることができる制度です。
本学府では、職業を有しながら学位取得を目指す社会人のため、この制度を導入し、修業年限を最長で博士前期課程4年、博士後期課程6年まで認めることができます。
なお、長期履修制度適用を希望する場合は、社会人特別選抜試験合格後、指導予定教員と相談しておいてください。

博士前期課程 長期履修制度について

博士後期課程 長期履修制度について

長期履修申請書ダウンロード(記入例)